ふくねこについて

2016年4月11日設立。現在35名で活動している、福島大学の公認サークル(通称ふくねこ)です。



本サークルは、福島大学内の環境を整備し、そして学内の猫の一世一代の命を見守る活動を通して、猫の繁殖等の管理を企画・実施することを目的としています。こうした目的に伴って、野良猫による諸問題 を、大学という特殊な環境から考察し、命を大切にしながら解決していこうとしています。具体的に、環境整備とは学内の猫の繁殖をTNRという方法を通して管理し、毎日の餌やりによる個体把握と健康管理等を行います。こうした整備を行うことによって、猫による人への被害(ゴミを荒らす、食品を 奪うなど)を減らせるのではないかと予想しています。

本サークルでは人と猫とが共生できる環境作りをして、地域猫・大学猫が社会で受け入れられることを目指します。


・活動内容
毎日2回の餌やり、TNR、猫小屋設置(冬季のカイロ入れ)、病気や怪我のケア、学祭での出店 など